« 水の雫 | トップページ | ドラゴンズ日本一 »

池調査

 近くにある池にどんな魚が住んでいるか地元住民と学生による共同調査に参加した。

池の水をポンプで抜いて、出てきた魚を網ですくい取り、どんな魚がいるか調べっていった。

出てきた魚1は、コイ、ヘラブナ、モロコ、タナゴ、ドジョウ、ナマズ、ヨシノボリ、ブラックバス、ブルーギルなどであった。

ブラックバスは自分の体重の5倍の魚を食べてしまったり、ブルーギルは、日本の魚の卵が食べてしまったりすることが、現在問題になっているが、ここでも、例外ではなかった。しかし、予想よりは、外来魚による被害は少ないと学生は言っていた。

自分の住む地域の自然環境を知る良い機会になり、参加してとてもよかった。

この写真は、その時に取ったナマズです。

|

« 水の雫 | トップページ | ドラゴンズ日本一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水の雫 | トップページ | ドラゴンズ日本一 »