« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

わが子の料理

P1100176 今日は、私も母ちゃんも帰りが遅くなったので、子どもたちが夕食を作ってくれた。

御覧の通り、スパゲッティである。

2人で悪戦苦闘したようだが、とても美味しいスパゲッテイであった。

4人で夕食を食べたのは、11時近く。

普通の生活がしたいと思う今日この頃である。

| | コメント (0)

男の料理

昨日同様、男2人とゴン汰のお留守番になったので、今日は、カレーライスを作ることにした。

材料は、ジャガイモ3個に玉ねぎ2個。そして、豚肉である。

P1100169

息子がジャガイモの皮むきを担当。

私が、玉ねぎを切るのを涙ながらに担当した。

P1100174 30分ほど煮込んで完成した。

今日も母ちゃん娘がおいしいと言ってくれた。

娘は、「明日は私がスパゲッティを作るかよ。」と言っていた。

母ちゃんが働くようになり、助け合いの雰囲気が現れるようになってきたなあ~。

| | コメント (0)

男の食卓

今日は、休日だが母ちゃんは仕事に行ってしまい、娘は部活動のため学校に行ってしまったので、家に残されたのは男2人とゴン汰のみ!

お腹がすいたので、昼御飯を作ろうということになり、冷蔵庫をのぞきネギとキャベツとかまぼこを発見!

P1100165 ご飯も炊飯器に残っているのでチャーハンを作ろうということになり、2人で慣れない包丁を使いながらチャーハンを作った。

久しぶりの料理作りだが、なかなか上手に作れたし、2人で「なかなかおいしいよな。」と言いながら食べた。

この後、女2人が帰ってきたら、同じものを作ってあげようと思う。

ゴン汰も食べたそうだったけど、チャーハンはあげれないので、ドッグフードをちょっとあげたよ。

| | コメント (2)

映画「おくりびと」

納棺師のお話である。

世間から、偏見の目で見られる仕事であるが、誇りを持ち仕事に取り組む主人公の姿に感動した。

自分も仕事に誇りを持ってやらなければ・・・と思った。

| | コメント (0)

新しい自転車

P1100159 母ちゃん、仕事に行くようになったけど、駅から仕事場まで徒歩でとても大変なのでネットで折りたたみ自転車を買いました。

デザインもよくなかなかよい買い物したなあ~。

| | コメント (0)

ゴン汰の病気

P1100009 以前、ゴン汰の耳が腫れているといったことを書いたが、先週両方の耳が腫れているのに気づき、さすがに虫さされにしても変だという結論に達し、病院に行った。

病院で言われた病名は、「耳血腫」というもので全治2か月であった。

これは、耳の軟骨組織が壊れて、耳に血がたまるといった病気である。1枚目の写真は、病院前で車の前で順番を待つゴン汰の様子です。

P1100015

そういえば、ゴン汰はよく耳を振っていたし、耳をかいていることが多かったので、そのような行動がこの病気につながったと思われる。

先生の話では、「とても痛かったはずだよ。」と言ってたので、このことに気付かなかった飼い主としてとてもゴン汰に可哀そうなことをしたなあ~と反省しています。2枚目の写真は、ゴン汰の耳の様子です。腫れているのが分かるかな・・・

P1100016 今日、病院に連れて行って、病状の経過を見てもらった。経過は順調で、後1カ月くらいで治るかもしれないと言うことであったが、薬がとてもいっぱいで治療費も16000円と高額で、母ちゃんも「働きに行くようになったけど、ゴン汰の治療費にとられてしまうなあ~。」と嘆いていた。しかし、我が家の大切な一員のゴン汰なので、きちんと治ってもらいたので、「まあしょうがないよね。」と納得しあった。3枚目の写真は、ゴン汰のご飯に薬を薬を入れた状態です。ゴン汰は、薬をうまく残してしまうのが困っているんだよねえ~。

とにかく、早く治ってほしいです。でも、病気といってもゴン汰は、いたって元気です。

| | コメント (4)

ゴン汰の心

P1100127 この頃、母ちゃんが仕事に出るようになり、昼間はおい一人でさみしいです。

今日は、休みだけど父ちゃんと兄ちゃんはいるけれど、母ちゃんはお仕事で、姉ちゃんは学校へ行っています。

だから、おいはお気に入りのテーブルの下でお休みしま~す。

| | コメント (0)

明治村へ行く!

P1090905 10月3日に愛知県にある明治村という所へ行ってきた。

文明開化を感じさせる建築物がいっぱいあってとてもよかった。

この頃、西洋風の自宅を建てることが新しいく感じていたのだが、明治時代にこのように西洋風の建物がいっぱいあったというのは何か変な感じがした。

昔の方が格好いい!そんなことを感じた1日であった。

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »